シミをメイクで隠す

顔にできるシミの種類について

様々なシミの特徴について

多くの女性が悩まされる、深刻な問題・・・それはやはり「肌荒れ」ではないでしょうか。
目立つ場所にできたシミ、そばかす、ニキビなどに憂鬱な思いをしたことがありませんか?
特にシミはさまざまな原因から発生すると考えられ、色や形も異なるためにケア・治療に手を焼いている人もいるのではないでしょうか。

おすすめのシミの治療ならこちら。

シミを目立たなくさせるためには、まずシミの種類やその特徴を知っておくことが大切です。
シミには、大きく分けて4つの種類があります。
1つ目は「老人性色素斑」です。
なんだか難しい名前のように感じられるかもしれませんが、これは紫外線が原因となって形成される、もっとも一般的なものです。「シミ」と聞いて、まず一番にイメージされるものには、実は老人性色素斑という名前がついていたのです。年齢を重ねるごとに出やすく、かつ出る場所や、色の濃さ、形、大きさはバラバラです。

2つ目は「肝斑(かんぱん)」と呼ばれるシミです。
頬、額、目の周り、鼻の下などにできやすく、左右対称に出るのが特徴です。

3つ目は「そばかす」です。
「雀卵斑(じゃくらんはん)」とも呼ばれています。
ひとつひとつは直径数ミリ以下の小さなシミですが、広い範囲に現れます。色白の人に出やすく、また子どもの頃に出るという特徴があります。

4つ目は「色素沈着」です。
これまでにニキビ、かぶれ、やけど、傷などの刺激を受けた場所に出てしまうシミのことを指します。色素が沈着してしまうだけでなく、場合によって表面がでこぼこするなど、質感にも変化が起こります。

このように、一言で「シミ」と言っても、現れる場所やその条件、濃さなどはまるで異なるのです。シミが気になってしまうという人は、まずシミをよく観察し、どの種類に分けられるものなのか考えてみましょう。
そして、シミの種類に合わせたより効果的なカバー方法を試してみてくださいね。

Copyright © 顔にできるシミの種類について. All rights reserved.